こんなにも!?映像を流すタイプの披露宴演出

ウエディングムービーの王様はこれ!

披露宴や1.5次会、食事会などの会場に設置されたスクリーンで流される、ビデオ映像を使った演出をまとめて、ウエディングムービーやブライダルムービーと呼びます。実際によく用いられるのは、やはり新郎新婦の自己紹介用のプロフィールムービーでしょう。実際の写真をふんだんに使ったストーリー仕立ての映像が特徴です。新郎新婦がお色直しをする時に、ゲストを退屈させないためによく流されています。特に招待したゲストの数が多い結婚式でよくある話ですが、参列したゲストの中には新郎新婦と今はあまり交流がない人も多いんですよね。そのような人たちは、学生時代や幼少期など、限られた期間しか知りません。二人の現在のことをよく知らない人たちも、映像で二人の生い立ちとなれそめ、結婚に至るまでの過程を見ることで、どんなカップルなのかが理解できます。

入退場の時にも流される映像は

披露宴会場で流されるビデオの本数は、2本から3本というアンケート結果が出ています。プロフィールムービー以外だと、新郎新婦が入場する前に流れるオープニングムービー、披露宴が終わる時に流れるエンドロールムービーなどがあります。この他にもサプライズムービーや、ビデオレターもウエディングムービーに含まれるんですよ。オープニングムービーは会場に一体感を持たせる目的で流されることが多いようです。エンドロールムービーは、結婚式に参加してくれた人たちへの感謝の気持ちを込めて、出席者の名前を流されます。

神戸の結婚式場は美しい港町を背景にした場所がたくさんあります。神戸の街をバックに写真を撮れば、一生残る素敵なウエディングフォトになること間違いなしです。