知らなかったでは恥ずかしい!結婚式に欠かせないお祝儀袋のマナー

お祝儀袋の正しい選び方

結婚式のお祝いとして持っていくお祝儀。最近ではデザインも豊富で洋風のリボンがかかったものや、袋がハンカチになるような面白いものも見かけます。そんなお祝儀袋に、マナーがあるってご存知でしょうか。まず、お祝儀袋を買うとときに気をつけることは、お祝儀が何円かということ。地域によって異なりますが、相場は友人の結婚式は3万円、兄弟や親族の場合は5万円というところが多いようです。会社の役職が付いた方ならもっと多く包む場合もあります。金額に合ったお祝儀袋を選びましょう。よく見かけるものはだいたい2万~5万を入れるものがほとんどですが、だいたいは説明書きがありますので、よく確認してから購入するようにしましょう。金額が高くないのに、大きく豪華なものは合いません。金額に合った適切なものを選ぶようにしましょう。

祝儀袋の正しい使い方

お祝儀袋を購入すると、表書きと呼ばれる名前を記載するものと、お金を入れる封筒がセットで入っています。ボールペンなどの細いペンではなく、必ず筆ペンやマジックのように太めの濃いインクで書きます。まずは表書きですが細長い紙のことをいいます。ない場合は祝儀袋に直接書きます。上部には結婚祝いや寿などの文字を、下部には自分の名前を書きます。この時、上部の文字よりも自分の名前を少し小さく書き、必ずフルネームで書くように注意しましょう。次にお金を入れる封筒ですが、こちらには金額と住所を書きます。表面に縦書きで3万円の場合は「金参萬円」といった漢数字で記載します。数字は旧字体で書きます。そして裏面に、再度自分の名前と住所を書きます。手紙を出すときと同じで、左下側に書くようにしましょう。

福岡の結婚式場の名物の一つに博多一本締めを教えてくれる所が有ります。関東の一本締めと違い独特の福岡ならではの節回しです。動画を使った練習や式場の係りの方から指導を受ける事になります。